優秀な人物との出会いが向上意欲を掻き立てる

津田 東洋

株式会社SPC
代表取締役

TOP

津田 東洋

PROFILE   経歴

インターネット創世記からデジタルクリエイティブやWEBの魅力にとりいられ、ITベンチャーから大手広告代理店の経験を積み、2017年株式会社SPCの取締役となる。

Apple PCとの出会いがWeb業界への転身につながった

僕がWeb業界に魅力を感じ始めたのは1997年頃。日本国内でインターネットの普及が伸び始めた時期でした。
社会に出たばかりの年齢だった僕は、今とはまったく異業種の歯科技工士として働いていました。
しかし、技術が進歩する近い将来、コンピューター化や自動化が進んだ未来で、それらを使いこなせる側になりたいという気持ちで、Apple PCを購入。3Dや、デザインについての学習を始めました。
当時はネット回線が遅く、インターネット上の情報が今と比べるとまだ薄い時代でもあったため、参考書での学習がメインでした。 知識を得れば得るほど、インターネットの将来性や可能性に魅入られ、「Webは絶対来るからやらないと」という使命感を強く持つようになりました。 そのころからWeb業界への転身を視野にいれるようになり、渋谷区にある広告デザインプロダクション会社へ転職。 15名程の小規模な会社でしたが、紙広告がメインの会社だったため、Webに関する歴史が薄く、入社してすぐIT事業部のマネージャーとして働くことができました。

優秀な人物との出会いが向上意欲を掻き立てる

数名の部下のマネジメントから営業活動、実制作まで、幅広く裁量を任され、正直なところオーバーワークが続く毎日でした。 しかし、そこで得たノウハウが現在につながっていると実感できるので、自分の成長の大きな糧とも言える時期でした。
今になって気付いたことですが、当時知り合った部下も含め、複数の外部の人たちは優秀な人物が多かったように感じます。
様々な方々との触れ合いが刺激になり、より一層の向上意欲を掻き立ててくれました。
自分の想像を形にできるのでクリエイティブはとても好きでしたが、事業部を任されていたため売り上げも意識しないといけない。
業績は初めから良かったわけではありませんが、徐々に開拓。
良い仕事を行えば必然的にアップセルが増えてきているのを実感できました。
しかし、映像制作会社や、広告制作会社からなどの孫請け業務が多かったため、更に大きなプロジェクト案件を経験したいと強く思うようになり、某大手広告代理店へ転身しました。

広告代理店での経験を経て放浪の旅

広告代理店への転職は中途からの正社員枠で、僕が応募した枠は300分の1という確率だったらしいです。
この枠を勝ち取れたことは、とてもラッキーでした。
Webプロデューサーを専門としつつ、TVCMやグラフィック広告、リアルイベントなどマルチチャネルのプロデューサーとも連携し業務を進めていく新たなワーキングライフ。
今までにない大きな額で多くの関係者が動く、ビッグプロジェクトのマネージャーも数年経験することができました。
直属の上司は元CM業界の巨匠だった方ですが、いち早くWebの部署を社内で作った方で、Webディレクターとして直接現場で活躍もする個性的な人物でした。
彼の生み出すクリエイティブは独創的で質が高く、クリエイティブに対する姿勢はとても勉強になりました。
数々の出会いと経験を重ねた後、会社を離れて地元九州の仲間とともにWebサービスを軸としたEコマースサービスの会社へ属し安定成長していましたが、今まで幅広く業務を行ってきた自分にとって視野が狭くなった印象を受けてしまい、最前線のWeb情報を得るため東京へと戻り、複数の会社を渡り歩きました。
上場したての勢いがあるIT企業にてスピード重視の業務効率を学び、 某ニッチ業界No.1のアプリメーカーではメーカーサイドの業務進行やアプリ制作の現場を学び、
Web制作業界大手企業では個人裁量でない組織単位での慎重な業務進行を学び、
某大手広告代理店ではWebプロデューサーとして勤務し、更に規模が大きなプロジェクト進行に携わり、本当に様々なことにチャレンジしてきました。
実は、この4社の中間で一度SPCに属し出戻りになります。
どの会社も、いいところもあれば悪いところもある。
SPCはWeb業界に入りたての職場と被るベンチャー感があふれる心地のよさを感じていました。

SPCの魅力

この心地が良い会社は、今いる従業員のおかげだと思っています。
以前、役員をやっていたEコマースの会社は、僕の退社後になくなってしまったのを後で知りました。 誰かの言葉で「自分がいなくても機能する会社を作るのが良いマネジメントだ」と聞いた事がありますが、この言葉は、痛く心に響きました。
同じ失敗がないように、更に会社を大きく伸ばしていきたいと思っています。

SPC社名の由来

SPCはセカンドペンギンカンパニーの略です。 ファーストペンギンは、ペンギンの群れの中で真っ先に海の中へ飛び込むペンギン。 先に餌にありつけるかも、という利点がありますが、アザラシなどの外的に襲われるという危険が伴います。
セカンドペンギンはその名の通り2番目に海の中へ飛び込むペンギンです。 ファーストペンギンの動向を見て、安全を確認し、みんなを引き連れ海に飛び込みます。
これをWebビジネスに置き換えると…
ファーストペンギンのような運だよりや、思い付き、などの裏付けがない行動はギャンブル性が高く出費のリスクが伴います。
SPCでは先駆者の失敗を繰り返すことはありません。
SPCは、お客様の市場調査・分析・マーケット情報をもとに、お客様に最適なサービスのご提案を行ってお客様にワクワクと感動を届ける企業です。
SPCでは、Webの制作からコンサルティングまで行っていますが、Web業界そのものが日々技術の移り変わりが激しい業界。
どんな形にも対応できるよう、Webという軸は外さず、新たなビジネスチャンスをつかんでいきたいと思っています。
今現在、AIやVRなどの技術に可能性を感じていますが、現実に様々なものを投影するMRデバイスの技術が発展し、近い将来でWebを表示するデバイスが全く新しいものに移り変わる可能性もあり、ワクワクしますね。