重要なのはアイディアとコミュニケーション

より良い職場環境と高品質なタピオカを提供

株式会社KRGマネジメント

店舗開発 いなば ゆきの

2019年KRGマネジメントへ入社。 元々飲食に関わる職業に携わっていたため経験を生かせる職場であり、 また台湾チームもある企業ならば本場の「おいしいもの」を 提供できるのではないかと思い入社しました。

TOP

いなばゆきの

inaba_1

撤退、撤退を繰り返した前職での仕事。

そんなとき誘われたのが、KRGでした。

大学卒業後、最初に勤めたのは海外ブランドのジュエリーショップ。5年ほど勤めて店長まで経験をした会社でしたが、突然日本から撤退することになったんです。その後はタピオカを扱う飲食店に転職したんですが、そこも1年余りで撤退……(笑)。そんなとき友人からお誘いを受けたのがKRGだったんです。もともとこの会社の男性陣はみんな大学時代のアルバイト仲間でして、「急に無職になっちゃったよ」と相談したら、入社を勧めてくれたんです。KRGは主にタピオカ店を扱う会社でもあったので、私にもできるなと思い入社することを決めました。

本格タピオカ専門店での商品開発。

仕事内容は出張や試飲にと大変な日々。

KRGに入社してからは『謝謝珍珠』の商品開発や新店舗の研修を主に行っています。昨年のタピオカブームをあり、入社してすぐ各地を飛び回る日々でした。前職でタピオカ店を経験したとはいえ、最初の頃はすごく不安だった印象がありますね。今でこそ新店舗のオープンを迎えると達成感があり仕事へのやりがいを感じることが多いですが、最初は本当に不安でした。私は商品開発にも携わっているので、ほぼ毎日タピオカドリンクを試飲するんです。それが結構大変で……(笑)。毎回、「もう飲めないよ〜」と思いながら、新たな商品アイディアのために頑張っています! 試飲は大変だけど決して嫌なお仕事ではなくて、新たな商品を生み出すこのお仕事は本当にやりがいがあります!

inaba_2
inaba_3

重要なのはアイディアとコミュニケーション

より良い職場環境と高品質なタピオカを提供

毎日試飲をしていますけど、私だけ美味しいと感じてもダメだし、会社全体でこれは美味しいと思ってもお客様が美味しいと思ってくれるかはわからない。万人受けを取るのが正解なのか、もっと新しいものを生み出すのが正解なのか、そこがこの仕事の難しいところだと思っていますね。また、フランチャイズ店舗も多くありすべての店舗にお伺いはできないので、連絡を密に取り合うように仕事をする上では心がけています。実際に働くスタッフの皆さんの声はお客様の声でもあると思っていて。そこのコミュニケーションを怠ると、良い職場環境とお客様が求めるタピオカは提供できないと思うのでそこは気を遣っています。

風通しのいい職場で目指す次なる目標

『謝謝珍珠』をもっと有名に!

入社して感じるのはメンバーみんなが仲が良く、何でも言い合える風通しの良い会社だということ。まだまだ若い会社になりますが、メンバー全員が先を見据えて日々仕事をしています。しょうがなくこの仕事をしてるって人がいないんですよ! これって本当に恵まれている環境だと思っていて、柔軟にいろいろなアイディアを共有できる環境は本当に働いていて楽しいです。現在のタピオカ業界は流行が落ち着いて向かい風を受けてる状況かもしれませんけど、もともとの目標である100店舗を目指し、商品開発を含め、お客様が1度来たらまた来たくなるお店を目指し、今後も頑張っていきたいと思います。これからまた『謝謝珍珠』は挽回していきますよ!

O

THERS

スタッフインタビュー