長く働ける環境で仕事がしたい。

接客業からのキャリアチェンジ。

KAIDO GROUP HLDGS

秘書課室長 中村 秋穂

2017年3月SPCへ入社後、8月にKAIDO GROUP HLDGSへ異動。 事務職を希望しSPCへ入社後、新しい役割にチャレンジしたいと思い KAIDO GROUP HLDGSへ異動しました。

TOP

中村 秋穂

nakamura_1

長く働ける環境で仕事がしたい。

接客業からのキャリアチェンジ。

大学卒業後は大手飲食チェーンで接客をやっていました。ただ店長や主任になるというキャリアアップは個人的には違うかなと考え始め、転職をすることを決意しました。もともと結婚してからも長く働き続けたいという気持ちが強かったので、ある程度融通がきく事務職を目指しました。でも、未経験だとなかなか事務職への転職は難しいんですよね。だから、まず営業職を経験して営業事務になるのが近道じゃないかと思い、前職は代理店で営業をしていました。そこから知人の紹介でグループ会社のSPCを紹介され、現在に至る感じです。自分のことを求めてくださる誠意が嬉しくて、SPCに入社を決めたんです。

菅野と社員の間に立つ存在に。

やりがいを見つけた秘書課での仕事。

秘書課という部署は発足してまだ月日が浅い部署です。また、秘書といっても新規事業の進行管理などの側面が強いんです。そして私の場合は菅野と社員の中間に立って物事を伝えていく役割があると思っていて、社員の声・思いをいかに菅野に伝えるか、菅野の思いを社員にどう伝えるかを常に考えて行動しています。ただ秘書なので菅野が思い描く地図・道のりに柔軟に対応することが大切。今後の秘書課はそういった部分をサポートできる部隊になっていければなと思っていますね。責任感やプレッシャーを感じることもありますが、もともと名サポートになりたいタイプの性格なので、今の仕事はとてもやりがいを感じています。

nakamura_2
nakamura_3

スキル・キャリアをアップすることができる

恵まれた環境が会社の強み!

KAIDO GROUPのいいところはグループ会社も含めさまざまな事業をやっていること。仮に今のポジションが辛い、苦しいなとなったときでもグループ内で異動することができる点は1つの魅力だと思いますね。またこのグループ内異動はやりたいことや幅を広げたい場合にも適してると思います。普通の社会人をやっていたら発展できないようなスキルアップやキャリアチェンジをできる会社だと思います。事業が多い分、いろいろな角度から仕事を覗くことができるので日々勉強になりますよ。あとは、月並みですが、本当にいい子が多い。みんながここまで楽しくしている会社は珍しいんじゃないかなって思いますね!

どんどん成長していく会社の一翼として

社員の心の拠り所になりたい。

これからKAIDO GROUPはグループ会社も含めどんどん人が増えていくことが想定されます。でも、ただ人が増えていってもバラバラになってしまう恐れが高い。今いるスタッフも含め、新しく入った社員には1対1で飲みにいくなどのコミュニケーションを積極的にとっていきたいと思います。社員のみんなが少しでも不満を持っているなら、話を聞いて解消していく、そういった人間関係の構築がこれからは大事になってくるのかなって。だから私はいざとなったらSOSを言ってもらえる存在になりたいと思います!

O

THERS

スタッフインタビュー